スポンサーリンク

建設機械の図鑑を大事にしている甥っ子

つい最近、まだ5歳の甥っ子と遊ぶ機会がありました。その甥っ子は父親に似たのかとてもわんぱくな性格をしており、外で遊ぶのが大好きな男の子です。

私もどちらかと言えば外で遊ぶのが好きなアウトドア派ですので、何となく心の波長が合っているのかもしれません。外に出てサッカーボールを蹴って遊んだり、ゴムボールを投げて遊んだりしていました。

5歳の子どもは元気があり過ぎるほどで、大人の私はその元気についていくことができません

1時間ほど目いっぱい遊ぶとへとへとになってしまい、2人で家に帰りつきました。

しかし、それで甥っ子の元気がおさまることはなく、今度は家の中で「図鑑を見よう!」

ということになりました。私としては「ちょっと休ませてくれ」と思いましたが、図鑑を見るくらいなら疲れないかと考えて「いいよ」と答えました。

するとその甥っ子は、建設機械がたくさん掲載されている図鑑を持ってきました。

5歳くらいの男の子ですと、そういう図鑑が1番好きなころです。

私も子どものころはそれに近い内容の図鑑を持っていたような気がしますし、そういう部分は「どこか血がつながっているんだなあ」と感じました。

甥っ子は図鑑を見ながら必死に建設機械の説明を始めました。

もちろん大人である私は説明を受けなくてもすべてわかっていますが、それを表情には出さず「うんうん」と聞いていました。甥っ子はずっと熱っぽく語っており、本当にそれらが好きなんだなあということを感じました。

そして、もしかしたらそういう仕事に将来就くんじゃないかということさえ思えました。

まあ、子どものころに憧れたことや好きなことを大人になっても職業にするのは難しいので、その確率は低いのかもしれません。それでも、子どもから語られる言葉を聞いていると、そう感じさせる何かがあります。

建設機械の販売や修理などの職業につけたらいいと思います。

建設機械の掲載されている図鑑を甥っ子が大切にしているようでそれがまたとても嬉しかったですし、楽しいひとときを過ごすことができました。


今更ながら見直した漢方薬の効き目

我が家の家族、季節の変わり目に弱いメンバーが多いです。

といえばまあ花粉症があったりして大変だけれど、それだけじゃないんです。

風邪をひいて熱を出したり、やたら食欲が落ちたり、胃腸の調子が悪くなったり、頭痛で寝込んだり。

1人ならともかく、2人以上同時にとなるとけっこう困ります

先々週先週とパパがなんだか胃腸の調子が悪くて食べられない、ご飯茶わん半分も入らない、しかもイライラする、疲れが溜まるなどの症状がずっと続いていました。

そこへ持ってきて今度はお姉ちゃんが夜になるとなんだか喉が詰まる感じがすると言い出す。吐き気もする、という。

mask_woman

さて困りました。

お姉ちゃんのほうは一応病院に連れて行きましたが、どうも風邪でもなさそうで、病院の先生も首を傾げつつ、取りあえず吐き気止め出しますから様子見て下さい、という事に。

でも吐き気止めを飲むと一応は眠ることは出来ますが、翌日また同じ状態の繰り返し。

なんとかならないかな~と思いめぐらせていたら、ちょっとピン!とくることが。

そういえば、おばあちゃんが内科で漢方薬をもらっていたっけ。

もしかしたらそういうはっきりしない症状にこそ漢方薬っていいんじゃないの?

少し前のTV番組で、漢方薬は幅広い効能があり一般の病院のお医者さん達でさえ実は漢方薬を常用している人が多いって言ってた、

お姉ちゃんやパパにもものは試しに使ってみたらどうかな。

ということで、調べてみたところ、お姉ちゃんには「半夏厚朴湯」という漢方薬がちょうど症状にぴったりだったのでネットの薬通販で即購入

プラス、パパにもと思ったけれど、こちらはけっこう悩みました。

だって・・パパの年齢からしてもしかしたら更年期症状?かもしれない・・でもでも、パパ自身は胃腸系の具合の悪さと疲れ、イライラ感を訴えてるし・・ そこでまずは、最近の仕事の忙しさや長い通勤時間による疲労を軽くするのが先かなと「補中益気湯」という漢方薬を選択、購入しました。

で、届いたその日から2人には飲ませてみましたよ。

幸いなことに2人ともに漢方薬の味には抵抗がなくて、あ、この分だと証に合っているのかも、と思っていたところ、驚いたことに翌日からすでに効果の兆しが出ました。

漢方薬って効果がわかるまでに1ヶ月とかかかるんじゃなかったっけと目を丸くしていた私。

実は、内心、漢方薬に対してどこか疑う気持ちもあったんですよね。

今回の結果を目の当たりにして、自分の思いこみに反省しました!

飲み始めて3日も経つと、あんなにしばらく調子が悪い状態が続いてた2人がバクバク食べ始め、パパなんか仕事帰りにバーガーキングでワッパーを買ってくる始末。

まあったく。でもこれで一安心です。

さすがに漢方薬に対して認識が変わりましたよ。

今度からはうさんくさいなんて絶対思わないから~。もっと効能を勉強しとこう


新築住宅の思いもかけなかった罠!?

我が家は3年程前に家を大阪の堺市に新築住宅を建てました。

注文住宅で建てました。資金は乏しかったので、豪邸など建つわけもありませんが、狭いながらも自分たちなりにはステキな家が出来たと思いました。

house_reform

また、設備なども前の家より新しくなるので、気分も随分変わって楽しいものですね。

ところが、ものすごい事件がこの度起きました。

なんと、壁紙、ほぼ総て貼り替えです。

ほぼとは言いますが、「全部」の方が正しいかと思います。

新築住宅、しかも注文住宅でこの騒ぎはどうしたことか。

・・・それは、実は私達家族が一番聞きたいところなんです。

事の始まりは、建てて2年経ったということでの2年次検診でした。

その前から窓の所に白い粉が落ちるのは何故?と息子に聞かれていました。

そこで建築会社や壁紙メーカーに調べてもらったら、壁紙メーカーで不良品が出たと。

よくよく自分でも見てみたら、カーテンで隠れている部分の壁など、壁紙の表面がボロボロ剥がれているような状態でした。

壁紙自体が剥がれるのではなく、その表面なんです。

大体は白い壁紙なので気づきにくかったんですね。

え~~~、そんなことあるんですか!?だって、新製品、て実験を繰り返して出来上がるものでしょう?と言いましたが、製品を作る過程での問題の様でした。

その為、壁紙メーカーも来ましたが、状態しかわからないので、また実際に壁紙を作っている印刷会社の人が検査キットを持って来たりと、原因がハッキリするまで3回は色々な人が出入りしました。

新築住宅なのに、キッチンもトイレも洗面所も各部屋も階段部も玄関も貼り替えです。

何日かかるか分かったものじゃない。

こちらとしては不便この上ない状態になるのに、どこからも正式な説明なりお詫びが無いので、建築会社の人が来た時に夫に頼みました。

別に怒らなくてもいいのだけど、「随分おおごとになっているようだが、どうなってるんです?」

くらい言ってくれる?と頼んだのです。

建築会社を通さないといけないでしょうけど、建築会社自体を怒っても仕方ないし、建築会社はこちらは頼りにしなければならない存在でもありますから。

まぁ、夫を見た途端、建築会社の人もすぐ「この度はご迷惑を・・・」と挨拶しましたが。

建築会社の人は、本来貼り替えの必要のないキッチンも既に壁紙がいくらか汚れているので、LDK総て貼りかえるように依頼してくれたりして、それは好意なのですが、キッチンが1,2日使えないという不便が増えたわけでもあります。

でも、このままではどんどんボロボロ剥がれてくるから、貼り直してもらうしかありません。

家族みんなでテンション上げながら頑張ります!


アロマテラピー

アロマオイルを知人から紹介されたのは数年前だったのですが、その時はよさがわからずにいくつかオイルを買ったのに使わずじまいでした。

aroma_pot

最近頭でぐるぐると考えることが多くて、参っていました。

そんなときにアロマのことを思い出して、使ってみたらこれが大正解でした。

アロマは、嗅覚にダイレクトに通じるので「感じる」感覚を目覚めさせてくれます。

いい香りをかぐだけで気分がすっきりすることを体験できました。

私はにおいにとても敏感で、香水や食べ物のにおいで気持ち悪くなってしましますが、アロマで持っているのは自然な香りなので、いい気持ちになれます。

今まで寝る前にマイナスなことを考えて寝られなかったのがアロマをかぐことによって気分がリラックスして寝るのが早くなりましたし、

ぐっすり眠れるようになりました。
アロマを進めてくれた知人に感謝です。


色次第で遮熱塗料の効果が変わってくる事も

遮熱塗料が効果を発揮するか否かは、状況に左右されます。

状況によっては大きな効果が発揮される事もありますし、それほど温度が低下しなかったという事例もあります。

ではどのような要素で差が生まれるかというと、色ですね。屋根部分に対しては元々塗料が塗られていますが、その色次第では効果が違ってくると言われているのです。

そもそも色というのは、光の吸収と大きな関係がありますね。

一般的に濃い色の場合は、光の吸収度合いが大きくなると言われています。

つまり黒い色や紺色などは、多くの光を吸収してしまう一面があるのですね。

このため屋根の部分が元々黒い色になっているような時には、ちょっと夏場は暑くなると考えた方が良いでしょう。

逆に屋根が白くなっている事もありますね。

白い色の場合は光を反射しやすくなりますので、それほど夏場は暑くならない事もあるのです。

そして遮熱塗料が効果を発揮しやすいのは、やはり黒だと思います

光が吸収しやすくなっている所にその塗料を塗る訳ですから、それで室内の気温が8度ほど低下するかもしれません。

しかし白色の場合は、8度ではなく5度や3度などと少し低下する度合いが低くなる場合があります。

もともと白色は光を反射しやすい性質を持っている訳ですから、その塗料を塗っても劇的に温度が

下がるとは限らない事もあります。

特に室外機が白い時などは、その傾向が顕著と言われているのですが。

このようにその塗料で建物内の温度が何度ほど下がるかは、色に左右される事もある訳ですね。


ママ友の集まりにも気を使わないといけません。

ママ友の中で、少し<(`^´)>ケンカのようなことが起こってしまって、雰囲気が気まずい雰囲気になっています。
ママ友は良い友達と思っていても、集まる人たちもやはり他人だったということでしょうね。
少しのケンカで、お互いの持っている不満が爆発したようですね。

ケンカしたのは、お昼のランチの集まりで、食べる店を決める時にもめたと言うことが原因なのですが、ほんの少しの(-“-)亀裂が、大きな亀裂になったのが不思議に思います。
ケンカも大きなケンカではなく、少しの言い争いのような感じで周りから見るとケンカには見えないほどのケンカでしたね。

殴り合いとかない分、大人な意見を言いますが、子供のように言い争って終わりというわけにはいかないので、本当に(ーー;)気を使います。
争いが好きな人はいませんが、ママ友の中には争っているのが好きな人がいるのかもしれないと、思うようになりましたね。
ケンカを吹っかけて、仲が悪くなっているのを楽しんでいるようにも見えて、少し((+_+))嫌な気持ちになりました。

大人のケンカは長引くことが多いので、出来れば思ったことを言いたいように言うのではなく、争いがおこらないように、言葉には注意することが大切だと言うことでしょう。
本当に、今の集まりには(>_<)気をつかいますね。

 


温泉行きたい

母親が三重の日帰り温泉に行ってしまったので私は(ーー;)留守番です。
前日にめっちゃはしゃいで((+_+))大変でした。
そんなに行きたいのか、三重の日帰り温泉に…

…日帰りだからそんなに準備しなくてもいいのに。
たまにしか旅行に行かない(^_^;)家庭なので、出かけるとなるとついこうなっちゃうようですね。
基本的に出不精家族ですが、旅行が決まると遠足の前日の小学生と化す。それが(ーー;)うちです…

しかし最近はこのへんでも温泉に入れますからね。
掘れば結構出てくるらしいです。温泉ってどこでも出るのかな?
ちょっと郊外に行けばスーパー銭湯的なものに(^_^;)入れますから、わざわざ遠くまで行かなくてもいいかな……という感じ。
遠くには遠くの(?_?)良さがあるんでしょうけど。
旅行というのは非日常(^^♪楽しむもの……らしいですが、やっぱり根が出不精なので今度でいいや!と思ってしまいます。
こういう人がいるから日本の経済は(-“-)動かないのかもしれません。

母親の旅行にもいいことはあります。おみやげもらえることです。
三重って(?_?)何が有名なんでしょうね……神戸とかだとお菓子ですけど。
それ以外は何を売っているんでしょう?
姫路城は温泉に関係ないし。
想像がつかないので、母親とおみやげが帰ってくるのを!(^^)!待ちます。

onsen_woman


胃腸炎は本当大変です

先日子供が胃腸炎になりました……

初めての事で最初はいつもより油っこいご飯だったからそれで吐いたのかと思ったのですが…次の日になっても一向に症状が落ち着かないので病院に行って見たら胃腸炎という事でした。

食べる事は勿論水分も((+_+))全然摂れないので子供は↓↓↓ぐったり↓↓↓しているし…
私自身も初めての事にさすがに\(゜ロ\)(/ロ゜)/焦りました。

2日くらいしてやっと薬も効いてきて水分も摂れご飯も食べれるようになってきましたが、このまま水分が摂れなかったら((+_+))入院になる所だったので本当良かったです。

(>_<)抵抗力がないので風邪は2週間おきくらいにひくし、インフルエンザが流行りだしたと言えば何処かから必ずもらってきてしまうしありとあらゆる病気をもらってくるという感じです。

でもそういう色々な病気をもらいながら段々抵抗力がついてきて体が!(^^)!強くなっていくのでしょうね。

そう考えると子供にとっては辛い事ですが…今の内にいろんな病気をもらっておいた方がいいのかもしれません。

これから雪まつり期間になるとまた例年通りインフルエンザ(-“-)流行りだすでしょうから早目に予防注射をしておこうと思います。
しておくとかかったとしても多少は楽でしょうからね。

nurse_chusya


アメリカの大学~。

近所のおばさんの娘さんがアメリカの大学に行かれてたので、6月に卒業式があり、夫婦で参加されたので、その撮られた写真をたくさん見せてもらいました~。(*´∀`)ノノ*

 

アメリカの卒業式は、内容は…国歌を歌い、来賓のいろんな方々のお話があり、5人くらいの優秀生徒のストーリーを学長が読んでお話されます。

ひとりひとりの名前が呼ばれ、壇上に上がり学長とあつ~~い握手

 

式典は、2時間ほどで終了したそうです。

 

おばさんは、大阪の貸衣装屋さんでを袴を借りて娘さんの分と自分のレンタルをして、アメリカへ持って行かれたそうです。

アメリカでは、袴姿はかなり目立ったみたいですが持って行って(*^_^*)良かったと娘さんもおしゃってたみたいですね。

sotsugyou_hakama


携帯電話の機種変更

先日、ひさしぶりに携帯電話の機種変更をしました。
それにしても、最近の携帯って((+_+))高くなったなぁ~と感じました。
昔は本体ゼロ円なんてものもあったような(?_?)記憶があります。
しかしまぁ、ガラケーとスマートフォンを比べてはいけないのかもしれません。

二世代前からスマートフォンを使っていますが、やはり電車の乗換を調べたり、地図を見たりと、インターネットを使う時にはスマートフォンが便利だと感じます。
読み込みも速いし、画面も大きくて見やすいですね。

周囲の友人知人も、スマートフォンを使っている人が多いので、その点でもスマートフォンの方が便利なことがあります。
メールでサイズの大きい画像が送られてくることもあり、ガラケーのままだったら(ーー;)受け取れなかったかも、と思うこともしばしばです。

しかし、二つ折りにできてコンパクトに持ち運べ、ボタンも実体があるガラケーが、ふと懐かしくなることもあります。
ガラケーを使っていた時の方が、見た目が好きな機種も多かったなぁと振り返ることも。

そのように、昔を振り返ることが多いくらいですから、最近の機種のことはほとんど何も(?_?)知りません。
ネットを使う以外は、電話メールができればいいじゃないかと思っているので、あれこれ機能があっても(^_^;)使いこなせないのです…

結局選んだのが、落下などの衝撃に強いタイプ
機能以前の問題ですが、これはこれで大事なことですよね。

 


スポンサーリンク