プロに任せることにした

私の勤めている会社が、自社のホームページ作成をすることになりました。
製造業の会社で、プログラムやデザインをできる人が社内にはいます。
最初は自分たちで作ろうと思っていたのですが、時間がないのでプロにお願いすることにしました。
通常業務が忙しくて、ホームページの作成に手が回らないからです。
早速、社長の知り合いの人脈を使い、制作会社の人と打ち合わせをすることに。
営業とデザイナーが二人で来られました。
私も上司と同席して、その打ち合わせの席にいました。

まずはどういうサイトにしたいかという、こちら側の意見を言います。
それを制作側が聞いて、後日見積もりとラフのデザインを受け取ることに。
ホームページって高いんですね。
中小企業向けの規模のサイトなんですが、70万円ほどしました。
普通のサイトと違って、少し複雑なコンテンツを入れたのが原因でしょう。
それでも、こんなにするのかと驚いたものです。

完成するまでの間にも、何度もやりとりをしました。
デザインだったらレイアウトに色合いやサイズ感。
ちゃんと予想通りの動きをするのかというテスト。
こちらからも色々と指摘したりしたので、何度も会社に来てもらいました。
途中からは、自社のプログラムに詳しい人にも入ってもらうことに。
私の知識では、参加してもよく分からないことがあったからです。

試作品を見せてもらっては、こちらで問題個所を伝える。
そういうことを繰り返しているうちに、洗練されたものができてきました。
そして、半年ほどで完成品が納品されました。
中小企業のサイトにしては規模が大きく、社内の人間だけではこのクオリティは無理だったでしょう。
満足できるホームページを作成してもらうことができました。

制作会社は作成だけでなく、保守業務などもやっているとのこと。
更新作業などは自社内で行っていますが、大掛かりな改装の場合は今もその会社に頼んでいます。
問い合わせや売上を増やしたい場合は、プロに頼んだ方が良いと思いました。
今回は大阪の小規模事業者持続化補助金を利用しました。
三分の二補助ですので、実質負担額は三分の一で済みました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。